ロビンと一緒にお茶しましょ♪

flyrobin.exblog.jp ブログトップ

カナダでの再会 

ロンドン近郊のブレイという街のFat Duckへ食事に行った時のこと。ちょっと早目に到着してしまった私達は、お店の辺りをブラブラしながら開店を待っていたのですが、身なりのキチンとした品の良いご老人も、私達と同様に早めに来られたようでした。一人で食事をしているその方が何となく気になる私。。話のきっかけになればと思い、アルマニャックを差し上げたんです。83歳になるカナダの精神科医のお医者さまだというその方は、オペラを観にちょくちょくヨーロッパに来られ、美味しい食事も同時に楽しまれるのだそうで、いっぺんに主人と意気投合 笑。 食後、場所を移してとても楽しく歓談の時を持ち、お返しにと、ロンドンで泊まられているThe Connaughtのバーにご招待を受けて同行させていただきました。その方と主人がバーにいる間に、私だけ酷い食中毒の症状でトイレに篭りっ放し。考えてみたら、レストランでこの方が気になりながらもその思いを無視してご縁がなかったら、家までの電車の中でどうしただろうと考えただけでも冷汗もの。ホテルのきれいなトイレで本当に命拾いです。この後、ホテルから救急車を呼んでもらったもののなかなか来ないのでタクシーで最寄の救急病院へ。兎に角ホテルの対応が大変素晴らしく、さすがコノート!duty managerの方(だったと思います)に、後日主人がお礼の花束をお送りしたほどです。

とまぁ、前置きが長くなりましたが^^、そんなことがあって、この方が住むトロントで嬉しい再会を果たしたんです。

ホテルまで迎えに来ていただき、こちらのレストランへ。。。
e0176457_4222472.jpg

M先生です。お元気で良かった~。先生はこのレストランで毎週食事をされるそうで、先生のお名前をとったドリンクメニューもあります^^
e0176457_4225428.jpg

シェフがテーブルまでご挨拶。
e0176457_427917.jpg

カプチーノ仕立てのスープ。美味、美味♪
e0176457_428724.jpg

きのこの天ぷら。レストランからのサービスでした。
e0176457_4312878.jpg

e0176457_4282943.jpg

e0176457_4285211.jpg

なかなか全ての写真は撮れませんでしたが、どれも大変美味しかったです。

どんな些細なご縁でも、決して無意味なものってないんだなと実感したあの日。見知らぬ方に一献差し上げるというのも馬鹿げた行為に見えるかもしれませんが、そんな私の提案を、快く承諾してくれた主人にも嬉しく思ったものでした^^。ちょっとしたきっかけでいただいた、ステキなご縁に感謝です。
[PR]
by flyrobin | 2009-04-23 05:03 | 旅行 | Comments(22)
Commented by mogu07 at 2009-04-23 06:30
素敵な出会い、素敵な再会ですね。
見知らぬ方と親しくなるのって、小さなきっかけと勇気?だと思います。
ロビンさんがM先生が気にならなくって提案がなかったら、M先生との再会も楽しい食事もなかった......
と思うと、とても寂しいですよね。
ロビンさんのさり気ないきっかけ、素敵です。
Commented by maribaba at 2009-04-23 06:42 x
わー、素敵なお話だわ。
これも、ロビンさんとご主人の心使いがなければ、こういう
出逢いはなかったでしょうね。
この先生、とてもしっかりとした、お元気そうな方ですね。
ロビンさん、そのロンドンのレストランで食べたものが、原因
だったんですか? 苦しかったでしょうね。たいへんでしたね。
主題は食中毒ではなかったですね。(笑)

ロビンさんもご主人も粋な方ですね。
Commented by ヘッジホッグです at 2009-04-23 09:23 x
おばんです

ロビンさんのスピリチュアリティだね :-)
Commented by cookery-world at 2009-04-23 12:06
ハンガリーレポに夢中になっていましたが、そういえば、トロント寄ってからロンドンにって仰ってたなーと思いだしました。 そんな素敵な出会いがあって、トロントで再会されたんですね。 縁って不思議なものですね。 一緒の日の同じ時間帯にレストランに着いていなかったら、その方のことが気になることもなかったでしょうし、その後の再会だってないですものね。 素敵なご縁があって良かったですね♪ それはそうと、食中毒!大変でしたね~。 コンノートのようなシッカリした対応をしてくれるホテルに居る間で不幸中の幸いでした。 これも彼との出会いからなにか意味があるものだったのかも知れませんね。 さまざまな出会いを大事にして生きなくてはなーと改めて感じました。 素敵なエピソードご紹介ありがとうございます♪
Commented by tonkichi-UK at 2009-04-23 15:09
おはようございます♪
M先生、これぞ英国紳士!といった感じの素敵な方ですね。
そしてこういったご縁もとってもすてきだと思います。
人との出会いを大切にするロビンさん、それを快く了承してくれたご主人だからこその再会だったんじゃないかと思います。
人との出会いって不思議で、実はそこらじゅうにごろごろしているけど、それが継続的なものになるか、その場で終わってしまうかは自分のこころがけ次第かなって記事を読んで思いました。
Commented by elliottyy at 2009-04-23 15:13
ロビンちゃん!ますます好きになってます♪←ひや~~告白☆
さりげなくこうして行動できちゃう旦那様とロビンちゃん☆素敵だな~~。
80代なのにとってもお元気そうでもう写真からもオーラが~~^^
素敵な出会いに乾杯☆←のむき?!私ったら^^(笑)
そして私もそんな素敵なロビンちゃんと知り合えたご縁を感謝して、大切にしていきたいと思いました!(笑)
Commented by tommo630 at 2009-04-23 15:28
素敵なお話ですね~!「気持ちに素直になる勇気」って本当に必要だな~って
しみじみ思ってしまいました。なんとなく気になりながらも、些細な勇気がなくて
見過ごしてきた事って今まで色々あったように思います。
こういう素敵な出会いに発展するなんて!
ロビンさんの食中毒は悲劇でしたが(なぜロビンさんだけ・・・^^;
Commented by yukosohyoh at 2009-04-23 20:03
ロビンさんとご主人、とっても素敵なお二人なんですね。
出会いからトロントでの再会のお話、なんだか心が和みました。

The Connaughtのトイレって、きれいな感じがします。
こちらのホテルは昔読んだ小説に出ていて
ロンドンに来ることがあったら一度は泊ってみたいと思っていました。
(まだ泊まっていません…。)
Commented by karibu-chai at 2009-04-23 23:19
ロビンさん、こんばんは~☆
粋なはからい…何かピピッと感じたものがあったのかしら?
気にはなるけど・・・中々ロビンさんのようなお心遣いを実行される方は
少ないと思います。 又それを心憎い形でおかえしなさるこのM先生も
素敵な方ですね。 それにしても、The Connaught は素晴らしい
ホテルですね。 世界のトップ30に入るくらいなんですね!
溜息が出ます~
Commented by beijaflorspbr at 2009-04-23 23:54
ささやかなご縁を大切にされたロビンさんご夫妻の素敵なエピソード、
国境を越えての再会、素晴らしいお話ですね。
ところでこの先生、こちらのケンタロウ先生(90代の整形外科医)に
雰囲気がとっても良く似ています。余計に親しみを感じてしまいました。
ところで、その食中毒後のロビンさん、どうなったのか気になります。
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:05 x
moguちゃん、こんばんは~♪
ステキな出会いのチャンスって結構あるものなんですね。
でも、一瞬のチャンスを逃がすと、もうそれまでということが
私達の人生の中で、幾度となく繰り返されてるのではないかな
なんて、思ってしまいます。
トロントでの再会も叶って、とても嬉しかったです。
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:13 x
maribabaさん、こんばんは~♪
食事中、何故かとても気になったM先生。
ご縁が出来たのはもとより、後で経験した食中毒の症状を思うと
この出会いで本当に命拾いしました。ホテルにいた時間は
本来ならば電車の中ですから、七転八倒ですよね。
恥ずかしい思いをすることになっただろうし。。。
M先生はとてもお元気で、現役でまだご活躍です!
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:15 x
ヘッジホッグさん、こんばんは~♪
ほっほっほ(笑)。(^-^)V
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:21 x
Cookeryさん、おはようございます♪
もう、この先生のおかげで助かったんですよ!
自分の気持ちに素直に従って、ホント~に良かったんです。
あの状態でイギリスの電車(想像できるでますでしょ?)に
乗っていたら、もう、死んだも同然。コンノートのキレイなトイレで
まさに不幸中の幸いでした。おっしゃる通り、しっかりしたホテル
なので大変素晴らしい対応でしたよ。
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:29 x
tonkichiちゃん、こんばんは~♪
ただすれ違っただけの人になっていたかもしれないM先生ですが
ご縁を作って良かったです。特にあの後、あんな発展になろうとは
思わなかったし。。例え一瞬であっても、人って必要だからこそ
自分の人生に現れるんですよね。だからどんな出会いも大切だと
思っています。「気になった」というのも、何か私に知らせるものが
あったんじゃないかしら。。
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:34 x
いっちゃん、こんばんは~♪
ひゃ~、いっちゃん、照れちゃう~(笑)。
私もステキないっちゃんとの出会いに感謝しています!
どうもありがとう~☆
同じイギリスに住むどうし、仲良くしてくださいね♪
M先生、とてもお元気ですよ。コース料理でもぺロッと
召し上がって、見ていて気持ちがいい位です。
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:40 x
くまスケさん、おはようございます♪
そう、ちょっとした勇気で人生の別れ道ですよね。
私ね、両親が亡くなってから随分勇気をもらったように思うんです。
頭では分かっている「いずれこの世を去るということ」
なかなかピンとこないじゃないですか。。でも、両親と別れてからは
勇気を持って、自分の気持ちに素直に従うことができるようになりました。
グジャグジャ悩むんだってら、生きてる内に行動しようぜって(笑)
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:50 x
yukosohyohさん、こんばんは~♪
このホテル、こじんまりとして、ステキですよ~。
なんせスタッフの教育が行き届いてるなって思いました。
あの日の対応の素晴らしさは、さすがの主人も感心してました。
トイレ、とてもきれいです。クロークルームも兼用になっていたと
思います。本で読まれたんですね。クラリッジよりも、お気に召す
ような気がします♪
Commented by ロビン at 2009-04-24 04:58 x
karibu-chaiさん、おはようございます♪
レストランであのように一献差し上げるというのは、日本では
なかなか出来ないかもしれませんね。主人によく言われます。
帰国すると、貴女のメンタリティーが日本人に戻るねって(笑)
The Connaughtでのティーは行かれましたか?
サボイよりいいかもしれませんよ♪
最近内装が新しくなって、前よりモダンになったようです。
Commented by ロビン at 2009-04-24 05:10 x
ハチドリさん、こんばんは~♪
ケンタロウ先生と仰る方がいらっしゃるのですね。
サンパウロで有名な先生なんですか?
90歳にして今なおお元気でいらっしゃるんですね。
あの日、私は救急車を待っていたのですが、なかなか来ないので
タクシーで最寄の病院に行って注射をしてもらって帰宅しました。
翌日は一日家で安静です。もちろん、レストランにも知らせましたよ。
実は最近も、20人近くの方が食中毒になったと報道されたばかり
なんです。食材とか衛生面のモンダイじゃなくて、調理法が特殊で
こういうことが起こるようですね。
Commented by thai-elephant at 2009-04-24 12:12
素敵な出会いと再会を果たされたんですね♪
ロビンさんご夫婦はどちらへ行かれても人をいつも大切にされていらっしゃるんですね。私も体験済み(笑)です。本当にお二人を尊敬いたします!
それにしてもお料理、美味しそう~。
Commented by ロビン at 2009-04-24 19:14 x
たいえれふぁんとちゃん♪
あの出会いがこうしてステキな再会に発展するとは思いませんでした。
私達もとても嬉しかったし、先生にも喜んで頂けたんですよ。
83歳(!)でフレンチのコースを美味しそうに召し上がるんです。。
ワインも飲まれますしね。あ~、こうやってトシとりたいな
なんて思ってしまいました。この方のご縁同様、たいえれふぁんと
ちゃんとのご縁も私達にとっては本当に嬉しいものでした。
出会ってくださって、どうもありがとう♪
line

イタリア生活満喫中♪


by flyrobin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30