ロビンと一緒にお茶しましょ♪

flyrobin.exblog.jp ブログトップ

ジェントルマンズクラブBrooks'sでのレセプションディナー

とても貴重な体験です。だって、創立1764年の女人禁制、由緒正しきジェントルマンズ・クラブ、ブルックスに行って来たのですから。。。ロンドンのSt James's、Pall Mall辺りには、いわゆるそういったプライベート・クラブがいくつかあって、殆どが男性オンリー。たまに、週末のみ家族連れでサンデーランチが許可されるという場合もありますが、まだまだ保守的で男性優位主義的な世界が、ここイギリスにも根強く残っているようです。このブルックスに関して言えば、歴代の政治家の殆どや、称号を持つ人々など、多分、自分達のサークル以外の人とは交わらないような、この国を司るメンバーが揃っているように思いました。創立から現在に至るまで、それに代々のメンバーの名前を見るだけでも、イギリスのディープな歴史を垣間見ることが出来るほど。

外観は地味で前を通っても素通りしてしまうくらい。
e0176457_21321772.jpg

到着すると、会場の入り口で進行係に大声で名前を告げられホストに紹介されます。
e0176457_2129284.jpg

シャンペン・レセプション。
e0176457_2037132.jpg

e0176457_203827.jpg

ライブラリー。ここにはナポレオンのデスマスクもありました^^。
e0176457_20412481.jpg

e0176457_20414823.jpg

私達がシャンペンを飲みながら歓談している間に準備が整って行きます。
お隣に座る方はどんな方かしらと気になる時でもあります^^;
着席してみると、テーブルの上に置かれたカードには「Mrs主人の名前」。
既婚の女性は夫が所有するものという考え方から、この様にプリントされるらしい。。
e0176457_2044692.jpg

e0176457_20425170.jpg

至る所に素晴らしい絵画を見ることができますが、特にこれはinteresting(笑)。
英国在住の方、何かお気づきになりませんか?
(画像からだと判りづらいかもしれませんね。)
e0176457_20472552.jpg

e0176457_20473018.jpg

お隣の面白いご婦人と意気投合。再会を期してお互いのメルアドなども交換し、
新しい出会いに感謝しつつ、楽しい一夜となりました。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-25 21:33 | Comments(28)

スリランカ料理のランチ

今日は東京から遊びに来ているお友達とスリランカ料理を食べに行きました。カリンちゃんは、お母さんと共に知る人ぞ知る北青山のブラジル音楽の老舗、プラッサオンゼを経営している私のギャル友のひとり。とてもしっかりしたお嬢さんで、彼女の豊富な音楽の知識には学ぶことがいっぱいです。プラッサオンゼは帰国の度に必ず寄るお店で、昨年の3月にサンパウロにお住まいのハチドリさんと初めてお会いした時にもお誘いしてご一緒した楽しい思い出があります。

ヴィクトリア駅の構内にこんなものがドカーンとあってビックリ!
e0176457_651237.jpg

駅で待ち合わせをした私達は、駅から徒歩5分程のSEKARA RESTAURANTに行きました。先ずは再会を祝して乾杯♪
e0176457_703088.jpg

スターターのフィッシュ・パティス。美味しいけれど、辛いソースはない方が良かったな^^; 
e0176457_734726.jpg

ダール。なかなかグーです。
e0176457_764339.jpg

海老のカレー。ココナッツ味で美味しい♪
e0176457_775626.jpg

テンコ盛りのピラウライスと。。。
e0176457_784968.jpg

プレーンなロティでどんどん食べちゃいます。
e0176457_7112194.jpg

これを食べに来る価値あり!というほど美味しい〆のマッタラパム。ナッツとカーダモンと、あと何が入ってるのかな?二人でひとつをシェアーするはずが、追加注文してしまいました^^。
e0176457_7155939.jpg

スリランカレストランということで紅茶をお願いします。
e0176457_717452.jpg

カリンちゃんも美味しいと喜んでくれたランチ。
この後お買い物にピカデリーまで行って、あっという間の楽しい再会でした♪
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-24 07:35 | 外食 | Comments(26)

カナダでの再会 

ロンドン近郊のブレイという街のFat Duckへ食事に行った時のこと。ちょっと早目に到着してしまった私達は、お店の辺りをブラブラしながら開店を待っていたのですが、身なりのキチンとした品の良いご老人も、私達と同様に早めに来られたようでした。一人で食事をしているその方が何となく気になる私。。話のきっかけになればと思い、アルマニャックを差し上げたんです。83歳になるカナダの精神科医のお医者さまだというその方は、オペラを観にちょくちょくヨーロッパに来られ、美味しい食事も同時に楽しまれるのだそうで、いっぺんに主人と意気投合 笑。 食後、場所を移してとても楽しく歓談の時を持ち、お返しにと、ロンドンで泊まられているThe Connaughtのバーにご招待を受けて同行させていただきました。その方と主人がバーにいる間に、私だけ酷い食中毒の症状でトイレに篭りっ放し。考えてみたら、レストランでこの方が気になりながらもその思いを無視してご縁がなかったら、家までの電車の中でどうしただろうと考えただけでも冷汗もの。ホテルのきれいなトイレで本当に命拾いです。この後、ホテルから救急車を呼んでもらったもののなかなか来ないのでタクシーで最寄の救急病院へ。兎に角ホテルの対応が大変素晴らしく、さすがコノート!duty managerの方(だったと思います)に、後日主人がお礼の花束をお送りしたほどです。

とまぁ、前置きが長くなりましたが^^、そんなことがあって、この方が住むトロントで嬉しい再会を果たしたんです。

ホテルまで迎えに来ていただき、こちらのレストランへ。。。
e0176457_4222472.jpg

M先生です。お元気で良かった~。先生はこのレストランで毎週食事をされるそうで、先生のお名前をとったドリンクメニューもあります^^
e0176457_4225428.jpg

シェフがテーブルまでご挨拶。
e0176457_427917.jpg

カプチーノ仕立てのスープ。美味、美味♪
e0176457_428724.jpg

きのこの天ぷら。レストランからのサービスでした。
e0176457_4312878.jpg

e0176457_4282943.jpg

e0176457_4285211.jpg

なかなか全ての写真は撮れませんでしたが、どれも大変美味しかったです。

どんな些細なご縁でも、決して無意味なものってないんだなと実感したあの日。見知らぬ方に一献差し上げるというのも馬鹿げた行為に見えるかもしれませんが、そんな私の提案を、快く承諾してくれた主人にも嬉しく思ったものでした^^。ちょっとしたきっかけでいただいた、ステキなご縁に感謝です。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-23 05:03 | 旅行 | Comments(22)

ブダペストのセーチェニ温泉

いつも49番のトラムに乗る所からこの日は7E(エクスプレスのE)のバスに乗って、エリザベート橋を渡ります。渡ってすぐの停留所は地下鉄Ferenclek tereの駅。ここで降りたら地下道を通ってちょっと左に折れ、Vaci Utcaを真直ぐ歩きます。先日訪れたヴルシュマルティ・テールに来ました。

お目当ては朝のコーヒーとケーキ。(ハイ、飽きもせずよく食べます^^)
既にご紹介したカフェ・ジェルボー再訪です。
e0176457_2584115.jpg

ケーキを食べながらまったり。。。
e0176457_352376.jpg

のんびりした後は初めて地下鉄に乗ってセーチェニ温泉へ。
カフェ・ジェルボーの前の地下鉄入り口を入っていくと、ここは終点のプラットフォーム。
さて、反対側の始発プラットフォームはどこが入り口かな~と10代後半の女の子に訊いたら、こっちよ~と教えてくれました。まあ、探せばすぐそこなんですが、訊いた方が早いかなと思いまして(笑)。

切符の場合は乗車前にこれに切符を入れて日付をプリントします。でないと切符は無効。
検札員に捕まると相当な金額が徴収されるそうです。
e0176457_3121886.jpg

セーチェニ温泉へは終点のひとつ手前で降ります。乗車時間は10分程度?
e0176457_324098.jpg

電車を降りて階段を上ったら公園の中でした。これはヴルシュマルティ・テールへ戻る方の入り口です。
e0176457_326276.jpg

e0176457_3311974.jpg
e0176457_3314255.jpg

正面玄関を入るとこんな感じ。。
e0176457_3333936.jpg

ここで料金を払いますが、ゲッレールト温泉より安いです。利用時間が2時間以内だと、600フォリント戻ってきます。プライベートのキュービクル利用だと料金が割り増しになりますが、試しにそちらにしてみました。タオルも込みだと思ったのですがレンタルするはめに。だいたい200円?程度の料金及び、タオルの返却時に戻ってくるデポジットの1000フォリントを払いました。
e0176457_403522.jpg

キュービクルがずらり。着替えをしたら、係りのオニーサンが鍵を閉めてくれます。
e0176457_3374327.jpg

e0176457_338469.jpg

さあ~て着替えたらプールです。
e0176457_3454783.jpg

e0176457_3461063.jpg

e0176457_3463342.jpg

3つに分かれた温泉。ここでも矢張り熱いお湯で38度。その他2つはかなり温くて長くは入っていられません。中途半端な温度は真冬でなくとも心地良いものではありませんね。真ん中のプールが一番温度が低い水泳用で、中では真剣に泳いでいる人ばかり。ここは家族連れだと楽しいかもしれませんが、私は水泳用以外のプールをそれぞれ試して、せいぜい20分ほどで十分でした。特に暑かったこの日は日光浴に最適。日光を避けたい私には眩しすぎ~(笑)。とりあえずこの温泉も体験できたということで良しとしました♪
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-22 04:51 | 旅行 | Comments(34)

ブダペストのゲッレールト温泉

ブダペストといったら温泉でも有名な所。
イギリス出発前からわくわく楽しみにしていました。
温泉は街中至る所にあるようですが、混浴だったり、曜日や時間によって男性と女性の入替わり制だったりといろいろあります。中には怪しいので有名なものもあるようです(苦笑)。私は以前から興味のあったゲッレールト温泉とセーチェニ温泉に行ってみました。

先ずはゲッレールト温泉へ。ここはクリニック方面からだとトラムの49番がゲッレールトホテルのまん前に止まります。ちなみにすぐそばの自由橋を渡った所が中央市場です。
ホテルの正面玄関に「温泉はあちら」のサインが。。裏手に回ると温泉がありました♪
e0176457_1295894.jpg

温泉正面玄関。。。
e0176457_133046.jpg
e0176457_1332696.jpg

この温泉、最近改装したということを現地の観光客向けペーパーに書いてありました。観光客が多く訪れるらしく、お値段も他と比べるとややお高目のようです。

プールを利用すると金額も上がります。私は内湯だけにしました。
e0176457_295096.jpg

エントリーカードと領収書を貰って中に入ります。
e0176457_2153816.jpg

中はこんな感じ
e0176457_2165263.jpg

「女湯」の入り口でオネーサンに領収書を渡します。カーテンで仕切るプライベートのキュービクルにはロッカーと横になれる簡易ベッドもついており、温泉に浸かった後にここで横になれるのも嬉しい配慮です。シーツのようなタオルは十分置いてあるので持参しなくても大丈夫。ローカルのご婦人方はスッポンポンでしたが^^、万が一水着を忘れた場合は1000フォリント(3ポンド、または430円くらい)で貸し出しもしてくれます。
内湯は36度と38度のふたつ。その他、シャワーもありました。38度の方でまったりしながら横にいらしたオーストリアから来たという方とおしゃべり。そのおかげで退屈せずに、長いこと浸かっていたように思います。
e0176457_234665.jpg

e0176457_2343150.jpg

ステンドグラスもなかなかステキですね。
e0176457_2345636.jpg

良かったらエステもどうぞ♪
e0176457_2354878.jpg

e0176457_237441.jpg

前から興味のあったゲッレールト温泉。念願叶って漸く訪れることが出来ました。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-21 02:42 | 旅行 | Comments(28)
line

イタリア生活満喫中♪


by flyrobin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31