ロビンと一緒にお茶しましょ♪

flyrobin.exblog.jp ブログトップ

ブダペストのゲッレールト温泉

ブダペストといったら温泉でも有名な所。
イギリス出発前からわくわく楽しみにしていました。
温泉は街中至る所にあるようですが、混浴だったり、曜日や時間によって男性と女性の入替わり制だったりといろいろあります。中には怪しいので有名なものもあるようです(苦笑)。私は以前から興味のあったゲッレールト温泉とセーチェニ温泉に行ってみました。

先ずはゲッレールト温泉へ。ここはクリニック方面からだとトラムの49番がゲッレールトホテルのまん前に止まります。ちなみにすぐそばの自由橋を渡った所が中央市場です。
ホテルの正面玄関に「温泉はあちら」のサインが。。裏手に回ると温泉がありました♪
e0176457_1295894.jpg

温泉正面玄関。。。
e0176457_133046.jpg
e0176457_1332696.jpg

この温泉、最近改装したということを現地の観光客向けペーパーに書いてありました。観光客が多く訪れるらしく、お値段も他と比べるとややお高目のようです。

プールを利用すると金額も上がります。私は内湯だけにしました。
e0176457_295096.jpg

エントリーカードと領収書を貰って中に入ります。
e0176457_2153816.jpg

中はこんな感じ
e0176457_2165263.jpg

「女湯」の入り口でオネーサンに領収書を渡します。カーテンで仕切るプライベートのキュービクルにはロッカーと横になれる簡易ベッドもついており、温泉に浸かった後にここで横になれるのも嬉しい配慮です。シーツのようなタオルは十分置いてあるので持参しなくても大丈夫。ローカルのご婦人方はスッポンポンでしたが^^、万が一水着を忘れた場合は1000フォリント(3ポンド、または430円くらい)で貸し出しもしてくれます。
内湯は36度と38度のふたつ。その他、シャワーもありました。38度の方でまったりしながら横にいらしたオーストリアから来たという方とおしゃべり。そのおかげで退屈せずに、長いこと浸かっていたように思います。
e0176457_234665.jpg

e0176457_2343150.jpg

ステンドグラスもなかなかステキですね。
e0176457_2345636.jpg

良かったらエステもどうぞ♪
e0176457_2354878.jpg

e0176457_237441.jpg

前から興味のあったゲッレールト温泉。念願叶って漸く訪れることが出来ました。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-21 02:42 | 旅行 | Comments(28)

ブダペストの中央市場

ブダペストには大規模な市場があると聞いていたので、早速行ってみました。
行き方は前もってクリニックで訊いておいたので大丈夫♪クリニックから15分ほど歩いた所から49番のトラムに乗れば、自由橋を渡ってすぐ右手に市場が見えました。かなり大きいです。
e0176457_20111548.jpg

中に入るとこんな感じ。。。
e0176457_2012091.jpg

中では1F(ground floor)が野菜や果物、お肉やチーズ、それに香辛料やお菓子を売る常設スタンドがズラリと並んでいます。ここは地元の方だけに限らず、観光客も随分と訪れているようです。

ほら、見て!こんな珍しいキウイフルーツがありますヨ。
e0176457_20595631.jpg

おみやげ用のパプリカ。かわいい~♪ お見かけした日本のグループの方が買ってました^^。
e0176457_2151012.jpg

安いのでしょうか?
e0176457_217919.jpg

e0176457_2175851.jpg

入り口からすぐ右手のスタンドです。地元の方が並んでいるということは安いのでしょうね。
e0176457_2185497.jpg

ちょっと二階に行ってみましょうか。
軽食スタンドがあります。私も皆さんに混じってひとつ試しにオーダーしてみました。
e0176457_21122119.jpg

e0176457_21174141.jpg

これはちょと失敗でした。ひと口食べたらもうダメです^^。
e0176457_2119699.jpg

支払う時に1000フォリントを出したのですが、ここでひとつ発見。たまたま縦に線が入っていない紙幣を持っていたのですが、これは使えないので要注意です。

奥に進むとお土産を売るスタンドでいっぱいです。
e0176457_21215181.jpg

街で買うよりもお値打ちみたいですね。
e0176457_21222666.jpg

ひと通りグルっと回って、果物や野菜を買って帰りました。その晩は早速作った野菜スープだけ。気分だけはダイエットモードです(笑)。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-19 21:29 | 旅行 | Comments(23)

世界二周旅行 番外編 ゼロハリバートンのスーツケース

ブダペスト記事はちょっとお休みしてバミューダーで起こったことを書きますね。
タイトルでもおわかりの通り、スーツケースのお話。

世界旅行を始める前に、主人が張り切って購入したゼロハリバートンのスーツケースとお揃いの機内手荷物用ケース。そのスーツケースの鍵の部分がバミューダで壊れていることに気付きました。あれだけ頑丈でしっかりしたケースだと言って喜んでゲットしたにもかかわらず、わずが数週間のうちの破損です。鍵を閉めようとしても閉まりません(苦笑)。

e0176457_6553788.jpg

ほんの数週間の間にこんなに傷だらけになってしまいました。
空港での扱いの荒さがうかがえます。
e0176457_6574618.jpg


次の渡航先、トロントまでこんな感じで荷物を預けました。(笑)。ハリバートンならセキュリティーベルトも必要ないだろうとそんなものは無しで旅行してましたが、そうもいかなくなってバミューダの鞄屋さんで急いで購入しました。トロントで何とか直せないものかと取扱店を探しましたが週末で埒が明かず、結局このまま無事にロンドンに帰って来れたのでひと安心。購入先のハロッズには前もってメールで知らせてあったので、すぐにお直しの手配をして貰いました。一度は直って手元に戻ってきたケース。今度は旅行第二弾目の最終地点、東京到着の日に鍵が開かなくなってしまって大騒動でした。(ハア~ッ)。

にっちもさっちもいかなくなって、宿泊先から最寄の鍵屋さんで電気ノコギリで鍵を壊していただき、壊れたケースをハロッズに返却すべくこのケースが入るひと回り大きなケースを購入してロンドンに持って帰って来ました。当然のことながら、不良品扱いで返品してケースクローズです。

どんなスーツケースよりも頑丈と主人が信じて疑わなかったゼロハリバートンのケース。
こんなこともあるんですね~。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-18 07:36 | Comments(20)

ブダペストの老舗カフェ・ジェルボー

今回未知の街ブダペストを訪れるにあたって、今ではすっかりブログ友のMIOちゃんの記事でこの街の魅力を知ることができました。また現在では、ヨッチーさんが美しい写真と共に、冬に行かれたブダペスト記事をアップなさっています。ヨッチーさんの国会議事堂の記事は、今回行かなかったので興味津々です。

ブダペストはタクシーを利用しなくても、バス、トラム、地下鉄を乗りこなせばどこにでも行けます。但し、「切符の検問」が厳しいので気をつけなければなりません。
私は面倒なので、1週間のフリーパスを購入しました。これさえあればどの乗り物も乗り放題。最寄の地下鉄の駅で購入可能です。切符の場合は乗り換える際にも新しいものが必要になるのでこちらの方が断然便利。駅の窓口の方は殆どの場合ハンガリー語しか話さないので、前もってホテルなどで必要事項を紙に書いてもらってそれを渡してゲットすることをお勧めします。
いつもポケットに入れていたのでくちゃくちゃ(苦笑)。
日付は窓口の係員が書いて、渡される時に自分で名前を記入するように言われます。
e0176457_5493980.jpg

さて、これで先ずはひと安心。ちょっとお散歩してみます。

左の女性お二人も「何かしら?」という感じで見てますよね、ねッ!?(笑)
e0176457_664632.jpg

この通りをまっすぐ歩きます。
e0176457_6144193.jpg

お土産屋さんがズラリ!
e0176457_6173736.jpg

e0176457_6191586.jpg

目的の場所に来たようです。。。ヴルシュマルティ・テール
e0176457_6233466.jpg

広場がまるでお祭のようでした。。
e0176457_624779.jpg

e0176457_6304912.jpg

1858年開業の老舗カフェ、ジェルボー。広場に面しています。
e0176457_6314116.jpg
e0176457_632471.jpg

ケーキを食べる場合は席に座る前にどれにするか決めます。
カウンターの方にケーキの名前を紙に書いて頂いてそれをウエイトレスに渡します。
e0176457_6322447.jpg
e0176457_640778.jpg

一人でホッと寛ぐ時間。とても幸せ。
明日はどうしようかな~なんてボーッと考えながら人間ウォッチングが好きです。
e0176457_647168.jpg

[PR]
# by flyrobin | 2009-04-17 07:04 | 旅行 | Comments(26)

ブダペストのアコモデーション

今回ブダペストに足を運んだ理由というのは、未踏の地、中欧ヨーロッパを見てみたいというのももちろんですが、歯のクリニックに行くというもうひとつの目的がありました。ロンドン・ヴィクトリアに長年お世話になっている歯科医院があるにはあるのですが、どちらにしても「プライベート」でいつものことながら高い金額を払うのは承知していたので、以前BBCのドキュメンターを観て以来興味のあったブダペストのクリニック行きを決めたのでした。イギリスでは現在、プライベート治療がほぼ一般的で、日本において健康保険や社会保険なしで治療を受けるようなものだと思います。デンタル・ケアーに関しては、ヨーロッパで一番高いといわれるイギリス。多くのイギリス人がブダペストまで出かけて行き、交通費、宿泊費等を含めても約50%の金額をセイビングしているそうです。クリニックでの経験もこちらで後ほどご報告するとして、観光も十分に楽しんできました。
宿泊先は、クリニックにアレンジをお願いしました。そうすると、空港までのトランスファーサービスが往復共無料で用意されるからです。夜中の12時近くに空港に到着。初めての土地で心細いのでその晩はホテル泊まり、翌日からはクリニック所有のアパートメントに移ります。

翌朝撮ったゴールド・ホテル・ブダの外観。。。
e0176457_3334357.jpg
e0176457_33441.jpg

ホテルは別に特別なものではないけれど、一人旅には十分快適でした。
朝食付なので地下のレストランに行ってみます。

まだ誰も来ていません^^。
e0176457_3365151.jpg

ごくごくフツーの朝ごはん。。。
e0176457_3511082.jpge0176457_3513660.jpg


e0176457_3511275.jpge0176457_3513614.jpg


朝ごはんを食べた後はタクシーでクリニックへ。治療の前に先ずアパートメントに案内してもらいました。クリニックから徒歩5分ほどの所です。ペスト側にも何軒か物件を所有しているようですが今回は慣れていないということもあり、クリニックのそばのブダ側で正解でした。

e0176457_445139.jpg

e0176457_4253287.jpg

e0176457_4114877.jpg

バスルームにはお風呂にシャワーも備え付けられており、洗濯機もあってとても便利です。
ちなみに洗濯洗剤やコンディショナーもありました。

ベランダからの眺めです。

e0176457_4175199.jpg

e0176457_4182268.jpg

さあ~て、ブダペストってどんな所だろうな~(笑)。
[PR]
# by flyrobin | 2009-04-15 04:52 | 旅行 | Comments(33)
line

イタリア生活満喫中♪


by flyrobin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31