「ほっ」と。キャンペーン

ロビンと一緒にお茶しましょ♪

flyrobin.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ロンドン・オフ会のお鮨ふたたび  Yashin Sushi Bar

先日のオフ会の会場となったYashin Sushi Bar。お鮨がとても美味しくて、早速サンクちゃんと行って来ました♪ 
もう待ちきれなかったのよ~ん 笑。

Yashinのお鮨は一部バーナーで炙って出されます。それぞれお味がしっかりしていてお醤油要らず。日本でならまだしも、こちらではまだまだお鮨というとお醤油につけて食べるのが一般的なのでとっても新鮮!

この日は30ポンドのランチを選択。この上にもうひとつ、60ポンドというのがあります。昼夜お値段が変わらないらしいけど、ランチだとお味噌汁とサラダ付き。
e0176457_1472092.jpg

e0176457_1474558.jpg

ちょうど日本に帰国中でオフ会に参加できたかったサンクちゃんも、すっかり気に入ったみたいで良かった♪ いわゆる創作鮨っていうのかな。。ネタに合わせたトッピングがお口の中でハーモニーを奏でマス^^。
e0176457_1505342.jpg


この後ラデュレに移動して。。。

ほんの1週間か2週間前に来た時に、「ロンドンでは販売しないことになりました。。」と言われたモンブランがあるので嬉しビックリ。主に日本人からの問い合わせが殺到したのかしらん? 笑。 ラデュレっていったらやっぱりモンブランが食べたいしね~。
e0176457_2141019.jpg

e0176457_1555382.jpg


この日もた~くさん笑って、美味しい楽しいをありがとう!
[PR]
by flyrobin | 2010-11-28 02:04

Afternoon Tea@The Connaught

サルバドールでお会いしたcalorinaちゃんと1ヶ月もしない内にロンドンで再会!サッカーが大好きなご主人と2人の息子さんのご希望でヨーロッパ観戦旅行だそうで、ご家族が試合を観にお出かけ中、calorinaちゃんはショッピングとアフタヌーン・ティーで優雅なひと時を満喫~ 笑。で、ハロッズの後にご案内したのはこちら。メイフェアーの老舗です。以前、このホテルでこんなことがあって以来大ファンの私。最近ではルレ・エ・シャトーにも加盟しましたね。
e0176457_6543196.jpg

アフタヌーン・ティーというと大抵午後4時頃スタートですが、こちらでは1時半から。。ご家族のサッカー観戦終了に合わせてホテルに戻らなければならないcalorinaちゃんにぴったりです。この時間だと、ランチも兼ねていただけるので良かった~♪
e0176457_655659.jpg

窓際のお席に案内していただいたら、早速紅茶の選択。私はフレンチ・バニラにしてみました。
e0176457_6535057.jpg

定番のキューカンバー・サンドイッチ等の代わりにフォッカチャやロールパンが出てきて一瞬引いちゃったけれど、これがナント、食べてみたらとっても美味しくてびっくり。どれもふんわふわで軟らかいし、挟んであるものもそれぞれお味がしっかりしてるんです。左奥のスモークサーモンのわさびクリームは、家でも真似したい一品でした。。ヨ。

スモークサーモンサンドイッチをいただきながら紅茶を飲んだ後は、カップに魚臭が残ってしまう。それがどうしても気になって、カップを変えて欲しいとリクエスト。その上、紅茶が入ってるポットも、濃すぎると言っては変えてもらい、冷めてると言っては変えてもらいました。ホテルでのアフタヌーン・ティーでは、こんなリクエストにも快く対応していただけるのが嬉しい。 
e0176457_6554184.jpg

アプリコットとプレーンのスコーン。ブラジルではクロテッドクリームを見かけないそうで、calorinaちゃんがとっても喜んで召し上がってたな~。そんな彼女の笑顔をみているだけで、美味しさ倍増です。
e0176457_6561245.jpg

e0176457_6563778.jpg

こちらの後にも、マ-ブルケーキとフルーツケーキが出ておしまい。もうすっかりお腹がいっぱいです。
e0176457_6571092.jpg

最後のお会計時には、お土産に茶葉もいただけて。。
e0176457_6574074.jpg

混んでいたせいか決して落ち着いた雰囲気ではなかったし、その上平日には道路工事が進行中らしく、それらしい窓からの眺めがちょっぴり残念。でも、ロンドンの他のホテルではなかなか窓の外を見ながら。。ということがないので、こうしてたまには外を眺めながらのアフタヌーン・ティーも良かったです。プラス、予約時に告げられた何時までにテーブル交代。。という時間をとっくに過ぎても特に急かされることがなかったのも好感持てました☆ 

calorinaちゃん、アフタヌーン・ティーをまたご一緒しようね~♪
[PR]
by flyrobin | 2010-11-24 07:43

たくさん笑って牡蠣三昧^^!

まこちゃんに引率していただいて、Mersea Islandまで牡蠣を食べに行って来ました♪ 最後にERのつく月は牡蠣が美味しいっていうから楽しみ~ 笑。 ロンドンのリバプール・ストリート駅であいしゅーちゃんユキちゃん弥生ちゃんと待ち合わせ。わいわいおしゃべりしてるとあっという間に最寄駅に。。まこちゃんが笑顔で待っていてくれました。
e0176457_23273242.jpg

そこからタクシーに乗って、14kmの道のりをMersea Islandへ!島への唯一の道は満潮になると水没してしまい、1時間程交通が遮断されてしまうのだそうです。
e0176457_2352555.jpg

案内していただいたThe Company Shedは、地元の方でとっても賑わっているお店。あともうちょっっと到着が遅かったら座れなかったかも!?店内は、新鮮なお魚を求めてしょっちゅう人が出入りしています。
e0176457_23324844.jpg

e0176457_23332035.jpg

ドッカーンとワインが4本^^。魚介類が肴だとどんどん行けちゃうもん 笑。
e0176457_23341948.jpg

生牡蠣数種類と調理されたものが次から次へと運ばれてきます。シアワセ~^^。
e0176457_2340564.jpg

e0176457_23404286.jpg

e0176457_2341952.jpg

ホタテも行っちゃいましょ♪
e0176457_23415017.jpg

このお店オリジナルのフィッシュケーキです。
e0176457_23494122.jpg

これでひとり分。殆ど殻だしぃ~^^。弥生ちゃんとまこちゃんはシェアするんだって♪
e0176457_23431032.jpg

まこちゃんがその日の朝に焼いて下さった美味しいパンです!どうもありがとうね。。
e0176457_23434044.jpg

隣りのテーブルのイギリス人が、君達、とっても楽しそうだね~て声をかけてくださって。。
よっぽどうるさかったのかな ふふふ。
e0176457_23443840.jpg

はっと見渡すとあんなに混んでた店内も私達だけ。きっと既に閉店の時間が過ぎていたんだろうけれど、それも気付かず最後の最後まで楽しい時間に没頭してました。駅に着いて、ロンドン行きの電車を待ってる間にまこちゃんと写真の撮りっこ。私ったらお腹がよじれる程笑い過ぎて下手すると線路に落ちちゃう所だったかも 笑。

その後。。

かわいいお子さんが待つ弥生ちゃんとはロンドンに着いたらお別れ。残る3人でお茶をしにコヴェントガーデンのLe Pain Quotidienへ。
e0176457_2357383.jpg

e0176457_045630.jpg


楽しい時間はあっという間。遠足のしおりまで作ってこの日に備えてくださったまこちゃんをはじめ、ご一緒出来たひとりひとりのお友達に心から感謝です!美味しい楽しいをどうもありがとう♪
[PR]
by flyrobin | 2010-11-23 00:37

ホテルのパーティーに潜入~^^

ホテルに戻る道すがら、前回滞在したCasa do Amarelindoに寄ってみました。小さい規模ながら。。いや、むしろこじんまりとしているが故に、オーナーの目が行き届いた快適なホテルなんです。フランス人のオーナー、ジルとディディエがこれまたとってもチャーミング♪ 屋上のバー・エリアに招き入れて下さって、まだまだ忙しい最中だというのに30~40分程おしゃべりに付き合ってくれた挙句にカイピリーニャもご馳走してくれて。。昨年数日宿泊しただけで、今回はお他所に滞在している私達なのに。。旅先でのこういう触れ合いって本当に嬉しくなってしまう。


ホテルに戻ってみると。。。笑

e0176457_752611.jpg

朝からステージの設置やらなんやらで慌しそうだったけれど、夜になって戻ってみると、ドレスアップした紳士淑女で賑わってます。ホテルの外もクルマが押し合いへし合い大変そうだったし^^。
e0176457_7111362.jpg

e0176457_771220.jpg

お部屋の鍵を取りにレセプションに行ってみると、ホテルのゲストもパーティーに招かれてるというので招待状が入った封筒が手渡されました。せっかくだし、シャンパンとカナッペをいただきに私達も会場に行ってみましたよ~ 笑。パパラッチらしきヒトも数人いたから、有名人でもいたのかしらん^^。
e0176457_795033.jpg

レセプションのオニーサンの説明がイマイチ理解出来なくて、何のパーティーだか最後までよく分からなかったけれど、旅先故の服装も許していただこう!という気持ちですっかり楽しませてもらっちゃいました 笑。ブラジルではカジュアルな側面しか見た事がなかったので、こんな機会も嬉しいな。翌朝はパーティーでみかけたヒトも結構何人か朝食に来てたから、皆、必ずしもサルバドール在住とは限らないですね~。

翌日はいよいよ日本までの長距離の旅。フライトだけでも約26時間だなんて、乗り甲斐があるわぁ~ 笑。
[PR]
by flyrobin | 2010-11-21 07:17

ぺロウリーニョでお散歩&ランチ

サルバドール滞在は2泊だけの予定だったので、まるまる楽しめるのは1日だけ。それでも、サルバドール訪が今回で2度目ということもあり、あくせくぎっしり予定を立てる。。なんてことをせずに、の~んびりムードで一日のスタートです 笑。 前日に続いてその日も遊んで下さるcalorinaちゃん。ホテルでの待ち合わせ時間に間に合うように、ちょっぴり遅めの朝食をいただきにダイニグへ。
e0176457_620133.jpg

ブラジルの朝食といったら、何種類かの果物と山ほどのケーキ、それにチーズやハムといったものが定番ですが、ここでも例外なく同じようなビュッフェ。サルバドールの前に滞在していたPonta dos Ganchosでの朝食がいかに良かったか。。なんてことを思い出しても仕方がないので、ミックスフルーツの他にパンジケージョをいくつか取って来ていただきました。朝からケーキもいいけれど、ホテルでベイクしたようには見えなかったのでパス^^。
e0176457_6203530.jpg

Calorinaちゃんのご到着早々、懐かしいぺロウリーニョのお散歩。今思えば、その前にホテルで冷たいものでも召し上がっていただけば良かったな~。。なんて、遅すぎですね~^^;。この日もとっても暑かったんです。現在ではもっと暑いと聞いているけれど、想像出来ないなぁ。上り坂下り坂ばかりのぺロウリーニョでは、ヒールのあるサンダルでは歩けるものではありません。ペッタンコのサンダルか、スニーカーが一番!
e0176457_621138.jpg

e0176457_6213712.jpg

散歩の途中でいろいろショップを覗いたりして楽しい 笑。
e0176457_622534.jpg

e0176457_6253831.jpg

幸運をもたらすと言われるものだそうですが、何というのか忘れちゃった。
e0176457_628230.jpg

いい加減歩いた後は、漸くお腹も空いてきたのでランチタイム。主人の希望で去年も食事したこちらでモッケカをいただきました。懐かしいな~。ゲスト帳があったので、再訪できて嬉しい。わざわざイギリスからモッケカを食べに来た(大袈裟!? 笑)というようなことをcalorinaちゃんにポルトガル語で書いていただきました^^。
e0176457_6285751.jpg

熱々のパンにつけて。。 真ん中は茄子を炒めたもの。後を引く美味しさ♪
e0176457_6301763.jpg

3人で食べてもまだまだ残るくらいです。
e0176457_6295460.jpg


食後もショップで時間を過ごした後は、そろそろcalorinaちゃんの息子くんが学校から帰ってくる時間。数週間後のロンドンでの再会を楽しみにお別れしました。
[PR]
by flyrobin | 2010-11-18 06:52

1年振りのサルバドール☆

ブラジル南部のフロリアノポリスからサンパウロ経由で北部のサルバドールへ向かうにあたり、サンパウロまでのフライトが1時間以上もの遅延となり、サンパウロからのサルバドール行きの便も予定より遅い便に泣く泣く変更。そのため、私達の滞在先でお会いすることになっていたcalorinaちゃんご一家をすっかりお待たせしてしまいました。calorinaちゃんはご主人の駐在に伴い現在サルバドールにお住まいで、その前はサンパウロにもいらっしゃいました。私も仲良くしていただいているハチドリさんをcalorinaちゃんもよくご存知なんです。昨年のサルバドール訪の際はともかく、今回の再訪ではとっても嬉しいご縁をいただき、今ではすっかり仲良くさせていただいているcalorinaちゃん。積極的にサルバドールの素晴らしさを吸収し、この地方の文化や諸々のお役立ち情報を発信している聡明ですてきな2人の男の子(&かわいいワンちゃん^^)のママなんです。音楽の趣味など共通点もあって、お話していてとっても楽しい♪

さて、サルバドールでの滞在先は、元々修道院だった建物がホテルとして改築されたConvento do Carmo。隣りに付設されている教会では、現在でもミサが執り行われています。
e0176457_6193441.jpg

この外観と周辺の雰囲気からはちょっと想像できないホテルの中。。。
e0176457_618832.jpg

ホテルの前の道。。
e0176457_6184071.jpg

中に入ると、まさにオアシスです。
e0176457_440404.jpg

e0176457_441865.jpg

e0176457_5133865.jpg

e0176457_5141642.jpg

e0176457_515520.jpg

e0176457_5153378.jpg

フロリアノポリスのリゾートを12時ちょっと過ぎに出発し、サルバドールのホテル到着が8時過ぎ。予定では7時にはホテルに到着のはずだったのが、1時間以上もすっかりお待たせついでにお部屋のチェックインなどを済ませて、calorinaちゃんイチオシの創作バイーア料理のお店でのお夕食。。ローカル色豊かなお店に行きたいという私の希望に応えるべく、食事をしながら海の眺めが素晴らしいお店だとか、魚介類が美味しいお店等など、出発前からいくつもお店の候補を挙げてくださって、本当に有難かったです。照明が暗くて写真がうまく撮れなかったけど、ランブレッタというこの地方特産の貝が美味しかった~♪ Calorinaちゃん、そしてご家族の皆さま、ありがとうございます!
[PR]
by flyrobin | 2010-11-16 05:28

Viajante 再び。。。

ロンドンのクリニックで歯科検診をしてもらうことになり、お友達のタミーちゃんも、私の予約時間と前後して同じ先生に診てもらうことになりました。で、どうせならその前にランチでも。。と、いつものノリで決まったものの、行き先はヤウアッチャ辺り!?なんて話していたのが、結局ギリギリになって決めたのは、以前、地下鉄のストで泣く泣く予約をキャンセルしたViajante。前日の夜、タミーちゃんが電話を入れたらまったくモンダイなく予約がとれるとのことだったので、再訪することにしました。クリニックと同じ街ではないけれど、セントラルラインで乗り換えなしだから時間的にも大丈夫♪ 
e0176457_745488.jpg

テーブルに案内していただいて早々に、あまりゆっくり食事が出来ないことや、何時までにお店を出なければならないといったことを告げてのランチ。それでもしっかり全コースいただいちゃった。。笑。 ここはイーストエンドという場所柄とってもカジュアル。内装はどちらかというとカフェって感じかな。。
e0176457_753065.jpg

先ずはタイ風味のアミューズ。
e0176457_755447.jpg

冷製トマトと苺のソルべ、それにモッツレラチーズのコンビ。
e0176457_761853.jpg

ビートルートなどのお野菜とカニ。
e0176457_764080.jpg

以前は揚げ茄子だったのが、今回は鮭をその皮で包んだもの。
e0176457_7753.jpg

以上が大なり小なり、以前食事をした時と同じようなメニュー。

そして。。

タルタルステーキと白身のお魚。。お魚がとっても淡白なお味。。
e0176457_774090.jpg

確かお肉はvenisonだったはず。。ジビエが苦手なヒトは前もってお店に伝えた方がいいかも。私も得意な方じゃないけれど、自らオーダーしない限り食べる機会もそうそうないのでしっかりいただきました^^。あ、ここではメニューの選択が出来ません。
e0176457_781156.jpg

緑茶と紫蘇のソルべ。。。だそうですが、上にパラパラと見えるのは、ナントお馴染みの「ゆ〇り」^^。タミーちゃんと一緒に思わず笑ってしまいました。シェフったら、ジャ〇センで買ってみたのかなぁ~ ふふ。 このお店でも鮭をその皮で包んだ一品や、ゆ〇りを使ったソルべを出してみたりととっても和食を意識しているけれど、ロンドンのレストランでは和の食材を使うのが流行なのかしらん? 笑。
e0176457_784798.jpg

これは何だったかなぁ~。。忘れちゃった^^; 冷たいデザートは喜んでいただきま~す。
e0176457_792539.jpg

なかなか美味しかったパンナコッタアイス。
e0176457_710268.jpg

e0176457_7104172.jpg


初めて来た時にはアミューズが3品も出たのに、今回はタイ風味サンドだけだったのは私達が急いでたからかな。。次回、再訪の折に期待しようっと^^。クリニックの予約でゆっくり落ち着くことが出来なかったとはいえ、この日も笑いがいっぱいの楽しくて美味しい食事となりました♪ ここの料理はさっぱりしていて胃に優しいから有難い。 タミーちゃん、ご馳走さまね~!
[PR]
by flyrobin | 2010-11-14 07:19

ご馳走づくしの幸せな一日♪

もう大分前の話になるけれど。。。

旅行に出かける前の或る日、Mちゃん手作りの絶品シュークリームをご馳走になりた~い♪ ということで、Mちゃん邸に押しかけること5人!集合場所のサンクちゃん邸から、現地集合のnetherburyちゃん以外の、今回初めましてのるな☆そあーぶちゃんmelanieちゃん、そして私の4人でサンクちゃんのクルマで向かいました。みんなで大笑いしながらのドライブは、ウィンザー迄あっという間。運転上手なサンクちゃんに感謝です。 暫くしてnetherburyちゃんも到着し、シュークリームでお茶タイムかな~と思いきや、とんでもな~い!Mちゃん手作りのご馳走が次から次へとテーブルに運ばれて来るではありませんか~。嬉しいやら驚くやら(キャ!)

先ずはランチ。パンをはじめ、何から何までMちゃんの手作りなんです。すごいでしょう?容姿端麗の美人ちゃんなだけでなく、優しくて気立てが良くて。。こんなパーフェクトなMちゃん、お嫁さんになって~!なんて、食事中、みんなで叫んでたんですよ~^^。
e0176457_62261.jpg


あんなにしっかりランチをいただいた後なのに。。

お目当てのシュークリームの他にも、見て!それにしても、こんなにいろいろ出して下さって。。いったい何時からキッチンに立ってらしたんだろう。。。ほんとうに有難いことです。先ずはゼリーでお口がさっぱりした後は、お待ちかねのシュークリーム。Mちゃんのシュークリームを食べたら、他では食べられないくらい絶品なんです!それに加え、私達の大好きなマロンケーキやらサブレなど、美味しくてついつい手が延びてしまう 苦笑。
e0176457_6123695.jpg


みんなでお喋りしていると、いつの間にやらご主人のご帰宅。

本来ならばこれで失礼するはずが、それでも居座り続ける私達^^。優しいMちゃんにお夕飯を勧められるままに、お言葉に甘えちゃってどうしましょう~ 笑。明らかに食べすぎなんだけど、美味しいからお腹に入っちゃうんです。それにしても、あっという間に6人分の食事を作ってしまうって。。。Mちゃんったら、もう♪
e0176457_6152555.jpg


Mちゃんの心の込もったおもてなしで、頭のてっぺんからつま先まで、すっかり幸せな気持ちに浸った一日でした☆ 美味しい楽しいをどうもありがとう!
[PR]
by flyrobin | 2010-11-13 06:18

Ponta dos Ganchos 終わりに。。

すっかり長引いてしまったPonta dos Ganchosのレポ、もうそろそろ終わりにしなければ。。笑。
お付き合いくださって、ありがとうございます!

朝食も毎日メニューが変わるのでいろいろ楽しめましたが、ランチとディナーに関しても、スターターからデザートまで各3~4品ほどの中から選ぶことが出来ました。メニューにないものでも、いくらでもワガママを聞いてくれるのがこちらのいい所^^。そして、アルコール以外の全ての食べ物、飲み物代が料金に含まれています。ワインに関しては、例えご当地ブラジルワインにしろチリワインにしろ、さすがお値段はヨーロッパ並。今回初めてブラジル産の赤を飲んでみましたが、ホテルのオススメだけあってなかなか。葡萄は何だったのか、きちんと聞いておけばよかったです。あ、そうそう、初日にパンジケージョ(もちもちのチーズパン)をお願いしたのですが、、それ以来、毎回食事の度に用意してくれました^^。ここのパンジケージョは今までで一番美味しかったです。朝食の時も、クロワッサンなどとは別に、私のためにパンジケージョが出された時はびっくり 笑。

ダイニングでは、ディナーの時間になるとかなり暗くて私のおもちゃカメラではうまく写真が撮れず。。
e0176457_638574.jpg

なので画像はランチとディナーのミックスで。。到着した日のランチにいただいたタコがとってもやわらかくて美味しかった~。カニのリゾットも悪くなかったな~。
e0176457_641843.jpg

e0176457_6432758.jpg

牡蠣の産地(養殖)として有名なこの地方では、冷えた白に飽きるほどの生牡蠣をいただこうと、と~っても楽しみにしていたのですが、何人かのゲストが具合が悪くなったとかで2年前から出してないとのこと。あ~、残念 笑。その代わりに火を通したものを出してくれました。
e0176457_6444061.jpg

私達の滞在中、フランス人のシェフが留守だったそうで、シェフが厨房にいる時に、再度こちらに泊まってみたいな~。
[PR]
by flyrobin | 2010-11-10 06:52

Ponta dos Ganchos 島までお散歩♪

リゾートの敷地内はとても広く、ヴィラからレストランやプールなどに行くにはちょっとした坂道も歩かなくてはなりません。でも大丈夫♪ 歩きたくなければ、どこからでも、どこへ行くにも、バギーでの送迎をお願いすることが出来ます。雨が降る日は、こんなサービスがとても有難い!

でもこの日は。。。

海がキラキラとっても美しく、ヴィラでゴロゴロしてないで^^、散歩がしてみたくなりました 笑。 右の方にちょっとしたprivate islandがあるので一緒に行ってみましょ♪
e0176457_5353985.jpg

レストランの横を通ると、islandに渡れるようになってます。笑顔がとってもすてきなスタッフの女の子。その笑顔をしっかりレンズに収められず、残念!
e0176457_5383616.jpg

e0176457_5414249.jpg

private islandでは。。。
e0176457_5482015.jpg

二人だけの、ロマンティックディナーをお願いできるんだそう。恋人達や、ハネムーンカップルには嬉しいオプションだろうな。。今でもほら、そこに恋人達がひっそり寛いでますよ。やっぱり何となくオジャマするのは気がひけて、早々に退散 笑。
e0176457_5515542.jpg

すっかり喉が乾いたので、帰りはバーに寄ってすいかジュースを。。
e0176457_8411656.jpg

あちこちで見かけた南国の花(?)にも沢山の元気をもらったお散歩でした♪
e0176457_8365995.jpg

[PR]
by flyrobin | 2010-11-07 22:27
line

ロビンへのメッセージはflyrobin☆excite.co.jpに☆を@に変えてお送りください♪


by flyrobin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28