ロビンと一緒にお茶しましょ♪

flyrobin.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

どうぞ良いお年を~(^-^)/

新年も皆さまにとって益々良い年でありますように~♪
来年もどうぞよろしくお願い致します!


e0176457_21132315.jpg

[PR]
by flyrobin | 2009-12-30 21:16 | ご挨拶

心躍る嬉しい再会♪

サンパウロでは、お友達との再会を果たすために1日だけ滞在。ランチをハチドリさん邸に伺い、夜には空港に来て下さった友人夫妻とのお夕食でした。訪伯前の打ち合わせでは、ホテルに到着早々友人夫妻と軽く朝食をいただくというもの。その後、その友人夫妻とは一旦お別れして、お風呂に入ってゆっくり支度して、ホテルのロビー迄迎えに来て下さるハチドリさんとハチドリさん邸に向かう。。などと暢気に考えていたのですが、空港での入国審査にあんなに時間がかかるなんてまったくの予想外。予定がすっかり狂ってしまいました(笑)。空港からホテルに向かう途中、友人の携帯をお借りしてハチドリさんに電話。ホテルに来ていただく時間を遅らせていただくことに。。

ハチドリさんとは2007年にご縁をいただき、翌年の3月に東京で初めてお会いしました。ブログからも伝わるように、何事にも一所懸命真面目に向き合うステキな方。エネルギッシュで行動的なお姿もとても魅力的です。今回お会いするにあたり、ハチドリさんご一家がいつも贔屓になさっているレストランにご一緒いただくか、それとも、ハチドリさん邸にオジャマするかのどちらかの選択を迫られ、迷った末に、後々の外食続きも考えてハチドリさんの美味しい手料理をご馳走になることに!別途夜にはディナーにそのレストランへご案内いただけるとも仰っていただいたのですが、友人との約束のため、今回は泣く泣くご遠慮しなければなりませんでした(涙)。でも、ワインはそのお店からゲットして下さって。。(笑)
e0176457_7575642.jpg

広々としたステキなコロニアル調のお家に到着すると、ご主人のトリオさん、ご主人のお姉さんと妹さん、そして、ハチドリさんのブログですっかり仲良しになったすずめちゃんとご主人のすずおさんが、とびきりの笑顔で迎えて下さいました。そして、その感激はそれだけに止まらず、ご馳走の数々。。あまりの素晴らしさに言葉を失ってしまいます。ハチドリさんのもてなし上手は私達の間ではつとに有名(笑)。ご親戚やお友達を心を込めた手料理でもてなしていらっしゃるんです。そして、そのお料理がとても美味しそうなので、いつも目が釘付けになる私。そのご馳走をとうとういただける日となりました。

ほら、観て下さ~い!見た目の美しさのみならず、どれも頬が落ちる美味しさです♪
この他まだまだ撮り忘れのご馳走が^^;
e0176457_855316.jpg

e0176457_8552757.jpg

e0176457_8555114.jpg

e0176457_8561594.jpg

e0176457_8563811.jpg

画像がないのですが、こちらでいただいたボヘミアというビールがとても美味しくて、これから続く旅先でもしょちゅういただいた私達。たまに他のビールを試してみても、ボヘミアが一番美味しい(笑)。今ではブラジルのお気に入りのビールです。

スイーツも最高!和洋、両方作ってくださいました。
あんこも全て手作り。。甘さも程よく美味しかった~。
e0176457_824637.jpg

このケーキもぺロッ(笑)。
e0176457_83825.jpg

すずめちゃんお手製のクッキーも♪
e0176457_83585.jpg

ブラジルだもん!果物も甘くて美味しい~♪
e0176457_844720.jpg

久しぶりのハチドリさんとの再会だったけれど、今回は二人でゆっくりお話する時間がなかったかわりに、皆さんととても楽しく美味しい時を過ごさせていただきました。

帰り際に、すずめちゃんからはクロスステッチのかわいいタオルをいただきました。すずめちゃんが、ひと針、ひと針、心を込めて刺繍して下さったんです♪ 感激!
e0176457_893875.jpg

そして、ハチドリさんからはユニクロのヒートテックの下着とペアの垢すりをお土産に。。大切に使わせていただいてま~す!

ハチドリさんはじめ、皆さんの温かいおもてなし。。どうもありがとうございます!!いつまでも心に残る思い出となりました。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-29 09:03 | 旅行 | Comments(38)

サンパウロのホテル・エミリアーノ

1時間ほど遅れてフランクフルトを出発したものの、飛行機はほぼ順調に、定刻の午前6時20分を10~15分程遅れてサンパウロに到着。漸く飛行機を出たのは7時をとっくに過ぎていました。お友達ご夫妻とまだ幼い息子くんが空港まで迎えに来て下さっているので、とても気が急いてしまいます。急ぎ足で入国審査に向かったものの、ガーン!ものスゴイ長蛇の列^^;。何とここで2時間以上もスタック。後で聞いたら何機もいっぺんに到着してしまったのだそう。。それでなくても朝早くからお友達をお待たせしてるのにぃ~(苦笑)。

サンパウロでは、どうしても泊まりたかったエミリアーノに宿泊。今年最後の贅沢~(笑)。こちら、サンパウロ中のホテルの中でも1、2を争うベストホテルと私の中で勝手に評価。期待を裏切らないサービスと設備にとても満足です。ブラジルの有名人も利用すると聞いたことがあったけれど、それも納得(笑)。

ホテルの外観です。
ガードマンやポリスが絶えず目を光らせている地域なだけあってお散歩するにもとても安全。
e0176457_2525746.jpg

e0176457_2532865.jpg

チェックインの際にサービスのシャンパンを勧められましたが、せっかくなのでカイピリーニャをいただきました。
e0176457_254037.jpg

e0176457_2542260.jpg

バーにあったユニークな椅子。
e0176457_2565257.jpg

広々として快適。1フロアーに3部屋のみという、大きなホテルにはないexclusive感が心地いい。
e0176457_2551566.jpg

e0176457_2555394.jpg

e0176457_3132322.jpg

とても感心させられたのが、家を出発する数日前にホテルから届いた「何なりとご用命ください」メール。そこで、いくつか希望を伝えた中に、バスルームのアメニティーを余分に欲しいとリクエスト。以前どこかでトロピカルフルーツの甘い香りが素晴らしいと絶賛されてるのを読んだことがあり、ワンセットだけでもお持ち帰りしたかったのです。すると、「おみやげ用」とでも言わんばかりに石鹸やらシャンプー等がごろんごろん入ったホテルのロゴ入り紙袋に、リボンがかけられてテーブルの上に置いてありました。それ以外にもバスルームに十分過ぎるくらい置いてあったし、エミリアーノ、さすがです!
e0176457_2573811.jpg

お部屋にあったサービスのワイン。ブラジルではフランスのワインがお安くないのでちょっとビックリ。
e0176457_302077.jpg

まさにホスピタリティーを感じるサービスのひとつに、15分マッサージがあります。「OFURO」やエステのあるトップフロアーで旅の疲れを癒していただけます。最高~!!
e0176457_311476.jpg

こちら、「OFURO」だそうです^^。
e0176457_32013.jpg

ブラジルでは英語があまり通じないのですが、流暢な英語を話すバトラーが何でも用事を請け負ってくれて有難い。お洋服2点までのプレッシングサービスをはじめ、夜にはスイーツ、またはオードブルのチョイスでお部屋でスナックがいただけます。ウレシイ~♪ (うっかり撮リ忘れ^^;)

南米でここまでのサービスを提供するエミリアーノは本当に素晴らしい。有能、且つフレンドリーで申し分のないスタッフを始め、全ての面で大満足な滞在となりました。また泊まりた~い(笑)。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-27 03:32 | 旅行 | Comments(24)

ブラジル到着前に。。。

私は兎に角ブラジル、特にリオデジャネイロが大好きで、過去にも何度かリピしています。それは、ひとり旅だったり友人との旅行だったり。そう。。今回主人にとっては初めての訪伯でした。実は、以前に何度もブラジル行きを提案したことがあったのですが、いつも却下(苦笑)。兎に角興味がないと。。なのでこの旅行でブラジル、特にイグアスの滝を見に行くという主人の提案は晴天の霹靂!嬉しいやら驚くやらで、変われば変わるものだな~と或る意味感動さえ覚える始末です(笑)。

国内を何ヶ所か周るにあたり、ネットで安く航空券を入手することも出来たのですが、それだと搭乗手続きの度に重量オーバーを払う羽目になるのが明らか(苦笑)。なので、いろいろ検討した結果、お値段がいささか高めになりますが、TAM国内線エアバス航空券を手配しました。国内線航空券もいろいろありますが、エアバスにすることによって、国際線手荷物許容量がそのまま適応になるんです。これで荷物のことはひと安心。

所で。。国内線とはいえTAMに搭乗するのは今回初めて。ロンドンからもTAM国際線が運航してますが、たいてい英国航空を利用したり、倒産する前にはVARIGも大好きでした。もっともVARIGの機体は本当に古く、トイレの鍵が閉まらなくて、手で押さえていたなんてことも経験しましたが(大笑い)。さて、TAMは私達の予想に反して運行も定刻通りでチェックインも何もかもスムーズ。これは本当に嬉しい驚きでした。特に主人がとても心配していた分、道中何度も、TAMのサービスを褒めていましたっけ。

現在のブラジルは、以前のような、安く旅行出来る国ではなくなっていました。ブラジルは高い!!とても高いです。ポンド安ということもあるけれど、3年前に訪れた時より物価がぐーんと上がっていて驚きました。

今回、到着地のサンパウロに1泊した後に、イグアスの滝に2泊、リオデジャネイロに4泊、そして、サルバドールに3泊と、国内旅行に十分時間をかけました。ブラジル旅行に求めるものが、主人と私の間でいささか違いが生じたけれど、それはそれで、面白い(苦笑)。観光以外にも、友人達との嬉しい再会や新しい出会いをもたらしてくれた私達のブラジル旅行。訪れた順にアップしていきますね。

オリンピック招致活動用に作られた?だけあって、リオの美しさが十分楽しめます!

[PR]
by flyrobin | 2009-12-25 03:41 | 旅行 | Comments(32)

ささやかな忘年会

先日のランチはタミーちゃんと台湾料理。(タミーちゃんがアップ中~♪)
前回行った時にとても気に入ったスープもいただいて、ほっこりとても温まりました。

この後。。。

ソーホーからベルグラヴィアに移動して、William Curleyでお茶タイム。

タミーちゃんは抹茶のケーキとオリジナル・ブレンドティーを。。
e0176457_91478.jpg

私はモンブランとアールグレーで。。
e0176457_94221.jpg

どちらのケーキも甘すぎず、とても美味しかった!紅茶もこんなかわいらしいカップでいただきます。
e0176457_945120.jpg

お店にちょっとお顔を出されたパティシエらしき方、日本人のようにお見受けしました。あの方が作っていらっしゃるのかなあ。(もしかして奥さま!?)もしそうなら、美味しかったですとお声をかけたかったのに。。(笑)。

午前中、ご主人へのクリスマスプレゼントを買いに行ったタミーちゃん。紙袋からガサゴソと買った品物を見せてくれるのだと思いきや。。

まあ、サプライズのクリスマスプレゼント~♪
e0176457_952219.jpg

旅行中、機内で脱いだり着たり出来るようにとカーディガンを。そして、それに合わせてスカーフをプレゼントして下さいました。とっても嬉しいお心遣いをどうもありがとう!!
e0176457_954133.jpg

お店を出たら、外はいつの間にか雪が降り始めています。。
底冷えのするこんな日も、タミーちゃんの温かいハートでとっても心地良いものとなりました。

☆どうもありがとう そして メリークリスマス☆
[PR]
by flyrobin | 2009-12-23 09:18 | 外食 | Comments(20)

お別れ

旅行から帰って来て早々に、ただいま~の挨拶も兼ねていつものお店に行きました。
リバティーの花屋さんではこの方と待ち合わせ。。
e0176457_883142.jpg

ここのお花はいささか高めではあるけれど、長持ちするような気がします。。
e0176457_884743.jpg
e0176457_89127.jpg

まさにホワイトクリスマス^^。
e0176457_892857.jpg

4年間お世話になったあの方に、相応しいお花を選びます。
予算とだいたいのイメージを告げると、10分後に戻って来て下さいと。。
e0176457_8133213.jpg

なかなかいい感じ♪
e0176457_8145111.jpg

メイズがオープンして以来、マネージャーとしてなくてはならない存在だったランダちゃん。12月末にオーストラリアに帰ってしまいます(泣)。そう、ランダちゃんはオーストラリア生まれのレバノン人。途中、メイズ・ニューヨークのオープンに伴って暫く渡米していた時期もあったけれど、私にとってメイズは、ランダちゃんのサービスが嬉しくて、楽しく食事が出来るレストランでもありました。来年早々、メイズ・メルボルン店オープンに向けて大忙しなのだそう。。ランダちゃん、どうもありがとう!
e0176457_8172864.jpg


さて。。この日はノンアルコールのモヒートで乾杯♪
e0176457_8184786.jpg

ホタテの焼具合がとてもグーです。
e0176457_8191065.jpg

お肉ムードだったので、ラムのりんご風味のリゾット添えに続き。。
e0176457_8202524.jpg

e0176457_8232572.jpg

いつものビーフ。美味しくいただきました^^。
e0176457_8243141.jpg

アイスクリームはランダちゃんからのサービス。
e0176457_8251424.jpg


食後、オックスフォード・ストリートを歩いていると、サンタの軍団に遭遇(笑)。
e0176457_827279.jpg

e0176457_8272762.jpg

メイズがオープンして以来何人もの人が入れ替わり、とうとうランダちゃんもいなくなってしまう。。
来年は新しいお店を開拓する年になるのかな~。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-22 08:42 | 外食 | Comments(16)

LH506便ファーストクラス、フランクフルトからサンパウロ

ファーストクラスターミナルからは、私達夫婦とは別のクルマでもう一人の方も搭乗口に到着。去年の旅行で経験したように、このフライトでもファーストクラスは3人だけ!?と思いつつ中に入ると、座席は既に乗客でびっしり埋まっています。何とフルハウス。満席です。サンパウロ線はファーストクラスから満席になるって聞いたことがあるけれど、なるほど、そうなんだな~と改めて納得。それにしても、この方々は、せっかくのファーストクラスターミナルを利用しなかったんですねぇ^^。

アメニティーの機内ウェアーが配られると、主人は早速着替えてすぐに爆睡。私は決して着替えることはないけれど、このフライトに限らず、欧米人の殆どは、皆、着替えてリラックスするんですね。私は袋に入ったままの機内ウェアーや化粧ポーチを新品の状態でお持ち帰りするのが趣味のビンボー性^^。

大急ぎで撮った座席。
e0176457_3403391.jpg

e0176457_3405587.jpg

ハンドタオルにバラの花びらが。。。
e0176457_3412468.jpg

シャンパンのサービスが始まりましたがパス。でも、オードブルはいただいてみました。
e0176457_341511.jpg

テーブルセッティングが始まって。。
e0176457_3421230.jpg

先ずはキャビアから。。ウォッカはパスしてひたすらワインを。。
e0176457_343527.jpg

いただいたワインはこちら。
e0176457_3441640.jpg

これで野菜不足を補いま~す(笑)。
e0176457_3444864.jpg

メインはお魚をチョイス。確かメカジキでした。
e0176457_346649.jpg

キャラメルクランブルスライスのキャラメルアイス添え。
e0176457_347171.jpg

食事が済んだらさっさと歯を磨いて私も横になりました。何時間か睡眠をとって目覚めてみると。。あまりの美しさにうっとりです。
e0176457_3482867.jpg

朝食もパスして横になっていると、着陸態勢にはいりました。約12時間の空の旅も何だか呆気なく終わり。もっと長く乗っていたいと思ってしまいます。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-20 03:55 | ファーストクラス | Comments(44)

ルフトハンザ・ファーストクラスターミナル 食事編

ラウンジで軽食をいただくのもいいけれど、せっかくだからテーブルで遅めのランチをいただきます♪
何にしようかナ~(笑)。

テーブルはこんな感じです。ラウンジで落ち着く前に、テーブルに直行して食事をする方が結構いらっしゃいました。考えてみれば、搭乗時間とラウンジでの食事の間があいている程ベターですものね。
e0176457_4515734.jpg

テーブル席の先がビュッフェになってます。
ここから好きなものを選んでもいいし、温かいものをお願いしてもいいし。。。
e0176457_4524091.jpg
e0176457_4525959.jpg

こんな立派なハムスライサーも!
e0176457_4532919.jpg


主人はビュッフェからサーモンムースを。
e0176457_4541923.jpg

私は前夜のホテルでの食事に続いて再度かぼちゃのスープ^^。
e0176457_4552934.jpg

二人とも子牛のシュニッツェル。何気にチップスがウレシイ(笑)。
e0176457_4555925.jpg

1スクープとお願いしたアイスが3スクープも来ました。食べちゃうもん^^。
e0176457_456554.jpg


思いっきりラウンジで遊んだ後は、いよいよ搭乗時間です。プライベートトランスファーの前にもう一度手荷物検査。バスルールからエトロのアメニティーを貰おうなんて思わなくて良かった~(笑)。でも、この後6週間の旅行がなかったら欲しかったかも^^。

さ、クルマに乗りましょう。前の座席にはドライバーの他に案内係の方が乗車して、ファーストクラスターミナルを後にしました。
e0176457_4574853.jpg

[PR]
by flyrobin | 2009-12-18 05:07 | 空港ラウンジ | Comments(24)

ルフトハンザ・ファーストクラスターミナル

待ちに待った、ルフトハンザのファーストクラスターミナルにやって来ました。係りの方が、タクシーから荷物を降ろしてくださるのと同時に、かわいいホステスさんが出迎えてくださいます。
e0176457_1935246.jpg

さ、パスポートを渡してチェックイン。予約が確認されると、後ほどパスポートとボーディングパスをお持ちします。。とのこと。ここでオネーサンからひとつだけ注意事項が。「他のお客さまの写真を撮らないでください」だそうです。もちろんですとも~(笑)。横で主人も、(写真撮るのを)もう辞めてくれと一言(苦笑)
e0176457_19354647.jpg

こちらで設けられているセキュリティーチェックを済ませると、すぐ左手にDUTY FREEのショップがあります。こちらで販売してない物で何か欲しいものがあったら、メインターミナルのショップまで探しに行ってくださるそう。
e0176457_19381627.jpg

落ち着いた所でパスポートとボーディングパスが渡されました。
e0176457_19405660.jpg

さすがにターミナルというだけあって、中はとても広々としています。
e0176457_19412750.jpg

e0176457_19414699.jpg

e0176457_633437.jpg

e0176457_19453816.jpg

e0176457_19463478.jpg

各テーブルにはナッツ類が常備。早速シャルドネをいただこ~う!半分くらいワインがなくなると、もっといかが。。とばかりに聞きに来てくださいます。いいな~、ルフトハンザって。
e0176457_1948433.jpg

e0176457_19483167.jpg

そして、ホテルのチェックアウトの際に鍵を返すのを忘れてしまったことに気づいた私達。ラウンジの方にそのことを告げると、返送しておきますと申し出てくださってひと安心。暫くしてから、ホテルからも返却のお礼のメールがきたのでした。ルフトハンザって大好き♪

お風呂に入ってのんびり待ち時間を過ごすのもいいかな。。係りのタイ人のオニーサンが、使いたい時はボクに一言声かけてね~。だそうです(笑)。こちらもアメニティーはエトロ。
e0176457_19491665.jpg

e0176457_19493775.jpg

仮眠室では私も横になりました。ふっと気づくと、小一時間ばかり寝てしまったみたい。
e0176457_19501710.jpg

喉が渇いて目覚めたら。。はい、お水♪ ちゃんと用意されてます^^。
e0176457_19512639.jpg

1組だけとてもフレンドリーで、私達の横を通り過ぎる時に主人が読んでいた英語の本に気づいたのか、「ハロー」と声をかけてくださった方がいました。お二人ともとてもスタイリッシュでステキ。ラウンジのスタッフも次々と現れては挨拶している所を見ると、相当なお得意さまなんだなと容易に想像できます。で、男性の方、何と裸足なんです。ラウンジでだけ裸足というのは考えられないので、何かお考えがあって裸足で生活なさっている風。もしかしたら、ドイツでは有名な方かも!?そのカップル、殆どシガールームで過ごしていらっしゃったけれど、ミーハーな私としてはお近づきになりたかった~^^。

さて、せっかくなので、そろそろ遅めのランチでもいただきましょうか。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-16 19:56 | 空港ラウンジ | Comments(30)

フランクフルトのHotel Hessischer Hofでお食事~♪

今回、こちらのホテルでの宿泊にあたり、朝夕食込みのパッケージを選択。なのでお夕食はセットメニューとなります。しかもワイン付きなんです^^。レストランは満席。宿泊客を除いては、ローカルの方が殆どだったように見受けられました。

準備中のレストランの様子。
e0176457_31481.jpg

夜になるとこんな感じデス^^。
e0176457_331855.jpg


アミューズブッシュが先ず供され。。。
一部同じものをハッピーアワーでもいただいたのですが、美味しかったので嬉しい♪
e0176457_321915.jpg

私はかぼちゃのスープを。。
e0176457_34934.jpg

主人のゲームのパテとビーフ・カルパッチョ。
e0176457_36513.jpg

二人ともメインに子牛をボイルしたものに。これはとても美味しかったです。火を通し過ぎることもなく、なかなか良かったです。また食べた~い(笑)。
e0176457_37938.jpg

最後に私はテラミス。
e0176457_37409.jpg

画像がありませんが、主人はチーズをいただきました。

所で。。食事の際にお願いしたお水(エビアンでした)ですが、これはいくらなんでも別途料金を請求されるものと思っていたら、なんと驚くことにこれも込み。イギリスでは考えられません。食事中、ワインのお代わりも勧められるし、こんな太っ腹なホテルは初めてです。


朝食の様子は↓をクリックしてね~♪

翌朝のシャンペン・ブレックファストは。。。
[PR]
by flyrobin | 2009-12-15 04:01 | 旅行 | Comments(40)
line

イタリア生活満喫中♪


by flyrobin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー